後手の工夫 △9四歩 【攻め合う場合】

スポンサードリンク



前項に引き続き、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討する。

前項では、▲8八角と蓋をする手がどうもマズいらしいということがわかった。
では、▲8八角ではなく、▲8六飛と飛車をぶつけ、攻め合う変化はどうなるだろうか?

飛車交換は後手はつまらない。したがって、△9九竜は当然。先手は角取りを防ぐべく
▲8八銀もやむを得ない一手。
そこで、△8九竜▲7九金の交換を入れてから、△9八竜と逃げておくのが細かいながら
読みの入った手で、後手の竜が間接的に先手玉を睨むことになった。
これでは、先手は強い戦いができない。

先手は、▲8三歩からと金攻めを試みるも、ちょっと遅い感じである。
△9六歩▲同飛と利かしてから、△3四歩とこのタイミングで角道を開けるのが絶妙。
桂馬をそのまま、むしり取られてはたまらないので、▲7八金はやむを得ない受け。
しかし、後手はかまわず△7七角成りと桂馬をむしりとって、▲7七同金に△8五桂が厳しい。

▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合は、竜の閉じ込めを狙っても、攻め合っても先手が
芳しくなかった。

では、▲9六歩型のひねり飛車は、後手に△9四歩と応じられると成立しないのであろうか?

次項では、もう少し先手の対抗策を模索することにする。

初手からの指し手はコチラ

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
タグ :
関連記事
  1. VS△4一玉型【▲8五歩と止める変化】
    さて、△4一玉型においては、普通に攻め合った場合に、 ひねり飛車側が防戦一方と...
  2. VS△4一玉型
    では、早速△4一玉型を調べてみることにしよう。 △4一玉は、次に△4二銀~△3...
  3. VS△4二玉型
    △6二銀型は急戦に対応しづらいことから、現代では△7二銀型が主流である。 その...
  4. じっくり組み合う展開
    前項では、▲9六歩に、△9四歩ではなく、△6四歩とした場合において、 積極的に...
  5. 新しい後手の対策
    前項まで、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討してきたが、 ひね...
  6. ▲9五同歩と取らない変化
    前項に引き続き、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討する。 これ...
  7. 後手の工夫 △9四歩 【攻め合う場合】
    前項に引き続き、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討する。 前項...
  8. 後手の工夫 △9四歩
    さて、▲9六歩に△1四歩は後手がマズいことがわかった。 では、△1四歩ではなく...
  9. ▲9六歩に△1四歩は後手危険
    ここからは、▲9六歩に対し後手が△1四歩と受けた場合を調べる。まずは、ひねり飛...