▲6七銀型

スポンサードリンク



本項から、▲1六歩型のひねり飛車を検討する。
▲1六歩型のひねり飛車も、
①△1四歩~▲9六歩△9四歩型、②△1四歩~▲9六歩△6三銀型に分類できる。
①と②の区別は、非常に複雑に思えるかもしれないが、要は、1筋を突き合った後、▲9六歩に対し、後手がどう出るかによって分けられていると考えればよい。
まずは、①△1四歩~▲9六歩△9四歩型を検討することとしよう。

本譜を見ていただければ分かるが、▲1六歩型のひねり飛車は、どの類型も、原則として、先手から▲8五歩と打ち、局面を落ち着かせて、じっくり指す方針をとるのが特徴である。

これに対し、後手は、△3三角型の金美濃に組み、固さ負けしないようにする。

本譜は、先手が▲6六歩~▲6七銀~▲5六銀とする指し方の一例であるが、結果図は形勢互角と言えるだろう。




初手からの指し手はコチラ

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 森流ひねり飛車の狙い
    本項で、検討するのは森流ひねり飛車の指し方である。 一応、△1四歩~▲9六歩△...
  2. ▲5七銀型【VS後手△4五歩型】
    前項では、▲3六歩に対し、後手が、△8三金と棒金に出た場合を検討した。 本項で...
  3. ▲5七銀型【VS後手棒金】
    前項では、先手が▲6六歩~▲6七銀~▲5六銀とする指し方を紹介したが、 先手が...
  4. ▲6七銀型
    本項から、▲1六歩型のひねり飛車を検討する。 ▲1六歩型のひねり飛車も、 ①△...