▲5七銀型【VS後手棒金】

スポンサードリンク



前項では、先手が▲6六歩~▲6七銀~▲5六銀とする指し方を紹介したが、
先手が▲5六歩~▲5七銀とする指し方もある。

▲5七銀と出た後は、▲4八銀~▲3七銀左と固める方針と、▲4六銀~▲3五歩を狙う方針との2通りの選択肢が先手にはある。

いずれにせよ、気をつけたいのは、▲5六歩と突いた場合には、▲2八玉の手を入れてから、戦うようにすることである。

▲3九玉型のまま戦うのは、玉のコビンがあいているので、玉が危険すぎるからである。

本譜は後手が棒金で積極的にきた場合の指し方の一例だ。

7筋を押さえ込まれるのは仕方がないが、代わりに玉を固めることにより、バランスを取る。
形勢は互角といえるだろう。


初手からの指し手はコチラ

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 森流ひねり飛車の狙い
    本項で、検討するのは森流ひねり飛車の指し方である。 一応、△1四歩~▲9六歩△...
  2. ▲5七銀型【VS後手△4五歩型】
    前項では、▲3六歩に対し、後手が、△8三金と棒金に出た場合を検討した。 本項で...
  3. ▲5七銀型【VS後手棒金】
    前項では、先手が▲6六歩~▲6七銀~▲5六銀とする指し方を紹介したが、 先手が...
  4. ▲6七銀型
    本項から、▲1六歩型のひねり飛車を検討する。 ▲1六歩型のひねり飛車も、 ①△...