▲5七銀型【VS後手△4五歩型】

スポンサードリンク



前項では、▲3六歩に対し、後手が、△8三金と棒金に出た場合を検討した。
本項では、▲3六歩に対し、後手が△4五歩と位を取った場合の指し方を検討する。

△4五歩は、先手の狙いの一つである、▲4六銀~▲3五歩を狙う方針を阻止する趣旨である。

先手は無理に▲4六銀を実現させる必要はなく、▲4八銀~▲3七銀左と固める方針で指せばよい。

手順中、▲7九角がぜひとも覚えておきたい手で、▲5六歩型ひねり飛車における角の使い方の特徴である。

▲6六角は角交換を狙った手であるが、当然ながら、すんなりと角交換を許しては後手がマズい。
それゆえ、角交換を避けなければならないが、△4四銀では▲8四歩△同歩▲8三歩△同飛▲4四角△同角▲7二銀で、先手のワザがかかるので、後手は5五歩と軽い手筋を放つ。これは▲同角なら△4四銀で先手を取る趣旨。

もっとも、先手もその手に乗る。1歩得が大きいと見たからだ。
その後は互いに陣形を整備し合う展開。

このとき、先手としては▲5七角が覚えておきたい角の位置。ひねり飛車は角の使い方が難しいのだが、▲5七角型は好形である。

本譜は歩得を活かし、9筋の端攻めを試みた一例で、こうなれば先手がよい。



初手からの指し手はコチラ

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 森流ひねり飛車の狙い
    本項で、検討するのは森流ひねり飛車の指し方である。 一応、△1四歩~▲9六歩△...
  2. ▲5七銀型【VS後手△4五歩型】
    前項では、▲3六歩に対し、後手が、△8三金と棒金に出た場合を検討した。 本項で...
  3. ▲5七銀型【VS後手棒金】
    前項では、先手が▲6六歩~▲6七銀~▲5六銀とする指し方を紹介したが、 先手が...
  4. ▲6七銀型
    本項から、▲1六歩型のひねり飛車を検討する。 ▲1六歩型のひねり飛車も、 ①△...