▲9六歩△6三銀~△4一玉の展開

スポンサードリンク




前項では、▲9六歩に対し、後手が△9四歩と応じた場合を検討した。
本項では、▲9六歩に対し、後手が△6三銀と応じた場合を検討する。

この類型は、「羽生の頭脳8」で取り上げられているものの、類書では取り上げられておらず、
また、「羽生の頭脳8」も発行されてからずいぶん経つので、本項の類型はプロの間では、あまり研究が進んでいないのかもしれない。

したがって、「羽生の頭脳8」で取り上げられている変化を咀嚼することで、
最低限の基礎力と位置づけたい。

まずは、▲9六歩△6三銀~△4一玉とした場合である。

一般に、▲1六歩型のひねり飛車は先手から▲8五歩と打ち、持久戦模様になるのであるが、
▲9六歩△6三銀~△4一玉の場合は、例外的に▲8五歩を打たずに急戦を仕掛ける手順が
有力のようだ。

後手の角筋が通っているので、△8五歩に▲同飛とは取れない。
そこで、▲3六飛だが、△3三金ではかなりの利かされなので、後手も攻め合う。

結果図は優劣不明である。



初手からの指し手はコチラ
スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 4筋の位を取らせない指し方
    引き続き△4一玉のところ、△4二玉とした場合を検討する。 本項で取り上げるのは...
  2. 森流ひねり飛車の狙い
    本項で、検討するのは森流ひねり飛車の指し方である。 一応、△1四歩~▲9六歩△...
  3. ▲9六歩△6三銀~△4二玉の展開
    前項では、▲9六歩△6三銀~△4一玉とした場合を検討した。 本項では、△4一玉...
  4. ▲9六歩△6三銀~△4一玉の展開
    前項では、▲9六歩に対し、後手が△9四歩と応じた場合を検討した。 本項では、▲...