▲9六歩△6三銀~△4二玉の展開

スポンサードリンク



前項では、▲9六歩△6三銀~△4一玉とした場合を検討した。
本項では、△4一玉のところ、△4二玉とした場合を検討する。

まず、本譜の手順中、▲7六飛とせずに、▲3六飛とすることの是非が問題になるが、
▲3六飛には、△4四角とされ、先手は▲3四飛と1歩得を果たすも、
後手から△7四歩~△7六歩と桂頭を狙われ、先手がマズい。

よって、▲7六飛なのであるが、その後は玉を固め合うという展開となる。
これはこれで悪くはないかもしれないが、先手としては不満な展開であろう。



初手からの指し手はコチラ

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 4筋の位を取らせない指し方
    引き続き△4一玉のところ、△4二玉とした場合を検討する。 本項で取り上げるのは...
  2. 森流ひねり飛車の狙い
    本項で、検討するのは森流ひねり飛車の指し方である。 一応、△1四歩~▲9六歩△...
  3. ▲9六歩△6三銀~△4二玉の展開
    前項では、▲9六歩△6三銀~△4一玉とした場合を検討した。 本項では、△4一玉...
  4. ▲9六歩△6三銀~△4一玉の展開
    前項では、▲9六歩に対し、後手が△9四歩と応じた場合を検討した。 本項では、▲...