タコ金に対する方針

スポンサードリンク



本譜は後手がいわゆるタコ金で応戦した場合の変化の一例だ。
くわしい手の流れはコチラを見ていただきたいのだが、

タコ金戦法は、3四の歩を守るために上がった△3三金が、△4四金~△5四金と
中央を圧迫して押さえこみを狙う戦法であり、なかなか厄介だ。

ひねり飛車としては、持久戦模様に甘んじることとなる。もっとも、後手陣は薄いので、
押さえこみを何とかして突破すれば、十分勝負になる。
そういう意味に関しては、それほどおそれる必要はない。

次項で、森流のタコ金対策を紹介することとしよう。


初手からの指し手はコチラ

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 森流タコ金対策【その2】
    前項で、華麗な森流のタコ金対策を紹介したが、実は後手に疑問手があった。 それは...
  2. 森流タコ金対策【その1】
    さて、森流のタコ金対策を紹介しよう。 前項で解説したとおり、△5四金の守備力が...
  3. タコ金に対する方針
    本譜は後手がいわゆるタコ金で応戦した場合の変化の一例だ。 くわしい手の流れはコ...