VS△4二玉型

スポンサードリンク



△6二銀型は急戦に対応しづらいことから、現代では△7二銀型が主流である。

そのことを前提に、現代型のひねり飛車の形を分類すると、
大きく分けて、先手が、▲9六歩~▲8六飛と、豪快に飛車をぶつけて飛車交換を迫る指し方と、
▲1六歩~▲8五歩と打って、じっくりと作戦勝ちを狙う指し方と2通りに分けられる。

便宜上、前者を▲9六歩型、後者を▲1六歩型と分類することにする。

▲9六歩型は、後手の応手によって、さらに、①△3四歩型(△3三金型)、②△1四歩型、③△9四歩型、④△6四歩型に分けられる。
▲1六歩型も、後手の応手によってさらに細分化できるが、これについてはコチラで後述する。
まずは、△3四歩型(△3三金型)から調べていこう。

この形は、▲9六歩に対し△1四歩ではなく、△3四歩と突くことにより生じる。
すなわち、△3四歩の瞬間に▲3六飛と回られることにより、後手は歩を守るため、
△3三金と上がらざるを得ないのである。

△4二玉は△4一玉もあるところで、ひとつの分岐点だ。
結論から言えば、△4一玉の方が良いのであるが、まずは、△4二玉型から調べていこう。

▲9七角に対し、すぐに△8九飛成りは、▲8八角で後手がまずい。
しかしながら、△6三銀などでは、のんびり過ぎで、後手としては防戦一方の展開になってしまう。

そこで、▲9七角には強く△9五歩と攻め合うのが後手としては最善だろう。
△9五歩に対し、先手は▲同歩と応じることはできない。

なぜならば、△8九飛成▲8八角△9八歩があるからだ。

したがって、▲7四歩と突っかける。
激しい応酬が続くが△7七歩は▲6八金とヨロけておいて、なんとかしのいでいる。
△9六歩の角取りに▲8六飛のぶっつけが絶妙で、この攻め合いは先手が勝つ。

どうも△4二玉がマズいらしいということがわかった。

次項では、△4二玉ではなく△4一玉とした場合の変化を調べることとする。




初手からの指し手はコチラ

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. VS△4一玉型【▲8五歩と止める変化】
    さて、△4一玉型においては、普通に攻め合った場合に、 ひねり飛車側が防戦一方と...
  2. VS△4一玉型
    では、早速△4一玉型を調べてみることにしよう。 △4一玉は、次に△4二銀~△3...
  3. VS△4二玉型
    △6二銀型は急戦に対応しづらいことから、現代では△7二銀型が主流である。 その...
  4. じっくり組み合う展開
    前項では、▲9六歩に、△9四歩ではなく、△6四歩とした場合において、 積極的に...
  5. 新しい後手の対策
    前項まで、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討してきたが、 ひね...
  6. ▲9五同歩と取らない変化
    前項に引き続き、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討する。 これ...
  7. 後手の工夫 △9四歩 【攻め合う場合】
    前項に引き続き、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討する。 前項...
  8. 後手の工夫 △9四歩
    さて、▲9六歩に△1四歩は後手がマズいことがわかった。 では、△1四歩ではなく...
  9. ▲9六歩に△1四歩は後手危険
    ここからは、▲9六歩に対し後手が△1四歩と受けた場合を調べる。まずは、ひねり飛...