VS△4一玉型

スポンサードリンク



では、早速△4一玉型を調べてみることにしよう。

△4一玉は、次に△4二銀~△3二玉を狙った手で、
囲いを先行させようとの意図に基づく。

先手はいつも通り、▲9七角から▲8六飛を狙うのだが、
後手は、▲9七角の瞬間に△9五歩と突っかける。

先手はこの歩を取れないのは前項で示したとおり。
かといって、後手は△6四歩型ではないので、▲6四角と出ることができない。

やむなく、▲8六飛とぶつけることになるが、ここで後手の△8五歩が先手を取る好手。
飛車を逃げると△9六歩が厳しすぎるため、先手は▲8五同飛と飛車交換に応じるしかない。

8五の地点の清算が行われた後の△9六歩は当然とはいえ、厳しい。
▲8六角と出るなら、すかさず△8四飛と打たれ、桂馬が取られてしまう。

そこでやむなく▲8八角だが、9筋の清算から、むかえた結果図は後手の方が良いだろう。
少なくとも、ひねり飛車側が守勢に立たされているのでは、先手としては、全くもって不満な展開というべきである。

では、△4一玉型に対しては何か対策はないのであろうか?

次項でもう少し掘り下げてみる。



初手からの指し手はコチラ

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. VS△4一玉型【▲8五歩と止める変化】
    さて、△4一玉型においては、普通に攻め合った場合に、 ひねり飛車側が防戦一方と...
  2. VS△4一玉型
    では、早速△4一玉型を調べてみることにしよう。 △4一玉は、次に△4二銀~△3...
  3. VS△4二玉型
    △6二銀型は急戦に対応しづらいことから、現代では△7二銀型が主流である。 その...
  4. じっくり組み合う展開
    前項では、▲9六歩に、△9四歩ではなく、△6四歩とした場合において、 積極的に...
  5. 新しい後手の対策
    前項まで、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討してきたが、 ひね...
  6. ▲9五同歩と取らない変化
    前項に引き続き、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討する。 これ...
  7. 後手の工夫 △9四歩 【攻め合う場合】
    前項に引き続き、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討する。 前項...
  8. 後手の工夫 △9四歩
    さて、▲9六歩に△1四歩は後手がマズいことがわかった。 では、△1四歩ではなく...
  9. ▲9六歩に△1四歩は後手危険
    ここからは、▲9六歩に対し後手が△1四歩と受けた場合を調べる。まずは、ひねり飛...