丸田流の周辺


丸田流の誘い




まず、極めて基本的な手筋から見ていくことにしよう。
後手が△6二銀型の布陣を敷いているが、これは古い構えで、
現在では△7二銀型が主流である。

それはさておき、有名な丸田流の▲9七角についてここで触れておく。
「飛車を成ってこい」というわけだが、実際になるとどうなるのか。

結果はご覧のとおりで、先手良しとなる。
本譜は飛車をぶつける変化を示したが、▲8八角とふたをするのも有力で、
これも先手良しとなる。

したがって、後手はこの誘いに乗ってはいけない。




緩手△3二玉をめぐる変化【その1】




さて、丸田流の誘いに乗ってはいけないことは前項で解説したとおりである。
そして、先手は▲8六飛と飛車交換を迫る。実に気持ちいい手だ。

後手としては陣形の差から、飛車交換には応じられない。
そこで泣く泣く謝る格好になる。

先手は攻めを続けるべく、▲6六歩と突いたのが本譜の局面。
後手が△3二玉と寄った場合の変化を見ていこう。
この手は、玉を危険地帯から遠ざける趣旨で、一見合理的であるが、
実は疑問手だった。▲6五歩からの仕掛けが厳しすぎるのである。


初手からの指し手はコチラ


緩手△3二玉をめぐる変化【その2】




引き続き、後手が△3二玉と寄った場合の変化を見ていく。
前項では、▲6五歩△同歩▲6四歩に対し、△同銀と取って後手は形勢を損ねた。

では、▲6四歩に対し、△5四銀とかわしたらどうなるか。
結論から言えば、これも先手良しとなる。

詳しくは、本譜のフラッシュを再生されたい。

手順中、▲8三歩が洒落た手筋で、あとは飛車を切って決まっている格好だ。
飛車を渡しても、先手陣は飛車の打ち込みには強いことを踏まえた上での強襲が決まる。


初手からの指し手はコチラ


緩手△3二玉をめぐる変化【その3】




引き続き、後手が△3二玉と寄った場合の変化を見ていく。
前項では、▲6五歩△同歩▲6四歩に対し、△同銀と取っても、、△5四銀とかわしても、
後手は形勢を損ねる結果となった。

では、じっと辛抱して、△5二銀とする手はどうなるであろうか?

本譜を見てほしいのだが、後手が、一気につぶされることはなさそうである。
しかし、ひねり飛車としては非常にのびのびと指しやすい局面であろう。

以上、3つの変化を検討したが、いずれも後手良しとはならなかった。
それは△3二玉が疑問手だったからである。

△3二玉では、△8二金を急ぐべきだったのだ。



初手からの指し手はコチラ


後手△5四歩型の一例




さて、本譜は、△3二玉のところで、△8二金とした場合の変化の一例だ。
すぐに仕掛ける手順はなさそうなので、ある程度、陣形を整備し合う展開になる。
具体的にはフラッシュ盤を見ていただきたいのだが、ひねり飛車としては少なくとも
主導権を握ることには成功しており、作戦勝ちといえるのではないだろうか。


初手からの指し手はコチラ