後手△3三金型


VS△4二玉型




△6二銀型は急戦に対応しづらいことから、現代では△7二銀型が主流である。

そのことを前提に、現代型のひねり飛車の形を分類すると、
大きく分けて、先手が、▲9六歩~▲8六飛と、豪快に飛車をぶつけて飛車交換を迫る指し方と、
▲1六歩~▲8五歩と打って、じっくりと作戦勝ちを狙う指し方と2通りに分けられる。

便宜上、前者を▲9六歩型、後者を▲1六歩型と分類することにする。

▲9六歩型は、後手の応手によって、さらに、①△3四歩型(△3三金型)、②△1四歩型、③△9四歩型、④△6四歩型に分けられる。
▲1六歩型も、後手の応手によってさらに細分化できるが、これについてはコチラで後述する。
まずは、△3四歩型(△3三金型)から調べていこう。

この形は、▲9六歩に対し△1四歩ではなく、△3四歩と突くことにより生じる。
すなわち、△3四歩の瞬間に▲3六飛と回られることにより、後手は歩を守るため、
△3三金と上がらざるを得ないのである。

△4二玉は△4一玉もあるところで、ひとつの分岐点だ。
結論から言えば、△4一玉の方が良いのであるが、まずは、△4二玉型から調べていこう。

▲9七角に対し、すぐに△8九飛成りは、▲8八角で後手がまずい。
しかしながら、△6三銀などでは、のんびり過ぎで、後手としては防戦一方の展開になってしまう。

そこで、▲9七角には強く△9五歩と攻め合うのが後手としては最善だろう。
△9五歩に対し、先手は▲同歩と応じることはできない。

なぜならば、△8九飛成▲8八角△9八歩があるからだ。

したがって、▲7四歩と突っかける。
激しい応酬が続くが△7七歩は▲6八金とヨロけておいて、なんとかしのいでいる。
△9六歩の角取りに▲8六飛のぶっつけが絶妙で、この攻め合いは先手が勝つ。

どうも△4二玉がマズいらしいということがわかった。

次項では、△4二玉ではなく△4一玉とした場合の変化を調べることとする。




初手からの指し手はコチラ


VS△4一玉型




では、早速△4一玉型を調べてみることにしよう。

△4一玉は、次に△4二銀~△3二玉を狙った手で、
囲いを先行させようとの意図に基づく。

先手はいつも通り、▲9七角から▲8六飛を狙うのだが、
後手は、▲9七角の瞬間に△9五歩と突っかける。

先手はこの歩を取れないのは前項で示したとおり。
かといって、後手は△6四歩型ではないので、▲6四角と出ることができない。

やむなく、▲8六飛とぶつけることになるが、ここで後手の△8五歩が先手を取る好手。
飛車を逃げると△9六歩が厳しすぎるため、先手は▲8五同飛と飛車交換に応じるしかない。

8五の地点の清算が行われた後の△9六歩は当然とはいえ、厳しい。
▲8六角と出るなら、すかさず△8四飛と打たれ、桂馬が取られてしまう。

そこでやむなく▲8八角だが、9筋の清算から、むかえた結果図は後手の方が良いだろう。
少なくとも、ひねり飛車側が守勢に立たされているのでは、先手としては、全くもって不満な展開というべきである。

では、△4一玉型に対しては何か対策はないのであろうか?

次項でもう少し掘り下げてみる。



初手からの指し手はコチラ


VS△4一玉型【▲8五歩と止める変化】




さて、△4一玉型においては、普通に攻め合った場合に、
ひねり飛車側が防戦一方となる不本意な展開となった。

では、攻め合いに持ち込まず、少し局面を納めてみてはどうなるか?

そこで、▲9七角を保留して、▲8五歩と打つ構想が生まれた。
先手としては、あまり打ちたくない歩ではあるが、後手の△3三金は部分的に
ひどい悪形である。ゆえに、駒組み合戦はどちらかというと後手のほうが気苦労が多い。

△4四歩は△4三金とするための手。これに替えて△4四金のタコ金もあるところだが、
タコ金に対しては、▲5六銀で先手も十分戦える。

いずれにせよ、先手は▲6五歩から仕掛け、後手はそれを受けるという展開になる。
結果図は先手の作戦勝ちであろう。後手の陣形は薄く、防戦一方といった感じが否めない。

以上、△3三金型について調べてきたが、△3三金型は、後手が受け一方の展開になりやすい。
ゆえに、徐々にこの形はすたれていくことになった。


初手からの指し手はコチラ