後手△9四歩型


後手の工夫 △9四歩




さて、▲9六歩に△1四歩は後手がマズいことがわかった。
では、△1四歩ではなく、△9四歩と応じる変化はどうだろうか?
実は、この△9四歩は何気ないように見えて、読みの入った一着なのである。

先手はいつもどおり、▲9七角と誘うが、後手は9筋の歩を突き捨て、敢然と飛車を成り込む。
待ってましたとばかりに、▲8八角と蓋をするも、△9八歩が絶妙の切り返しで、
これは後手がよい。

なお、△9八歩▲同香の交換を入れてから飛車を成り込むという手順もあろう。

ところで、この手順中、▲8八角と蓋をするのではなく、攻め合いに出たらどうなるだろうか?

次項では攻め合う変化を検討することとしよう。


初手からの指し手はコチラ


後手の工夫 △9四歩 【攻め合う場合】




前項に引き続き、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討する。

前項では、▲8八角と蓋をする手がどうもマズいらしいということがわかった。
では、▲8八角ではなく、▲8六飛と飛車をぶつけ、攻め合う変化はどうなるだろうか?

飛車交換は後手はつまらない。したがって、△9九竜は当然。先手は角取りを防ぐべく
▲8八銀もやむを得ない一手。
そこで、△8九竜▲7九金の交換を入れてから、△9八竜と逃げておくのが細かいながら
読みの入った手で、後手の竜が間接的に先手玉を睨むことになった。
これでは、先手は強い戦いができない。

先手は、▲8三歩からと金攻めを試みるも、ちょっと遅い感じである。
△9六歩▲同飛と利かしてから、△3四歩とこのタイミングで角道を開けるのが絶妙。
桂馬をそのまま、むしり取られてはたまらないので、▲7八金はやむを得ない受け。
しかし、後手はかまわず△7七角成りと桂馬をむしりとって、▲7七同金に△8五桂が厳しい。

▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合は、竜の閉じ込めを狙っても、攻め合っても先手が
芳しくなかった。

では、▲9六歩型のひねり飛車は、後手に△9四歩と応じられると成立しないのであろうか?

次項では、もう少し先手の対抗策を模索することにする。

初手からの指し手はコチラ


▲9五同歩と取らない変化




前項に引き続き、▲9六歩に、後手が△9四歩と応じた場合の変化を検討する。

これまでの検討では、後手良しの変化ばかりだったが、先手に悪手はなかったのであろうか?

そこで、本項ではもう少し踏み込んで考察を加える。
具体的には、△9五歩に▲同歩と応じる手の是非について考えることとする。

本譜は、△9五歩に対し、手抜いて攻め合う変化である。
先手は▲7四歩から無理やり手を作る。
後手としては、△9六歩と角取りに突き出すのは当然の一手。
それに対して先手は、▲6四角と逃げながら後手の飛車のコビンを狙う。
後手は冷静に△6三歩と催促。

これに対し、先手は、▲8六飛と飛車をぶつけてさばきにいくのが素晴らしすぎる一着。
後手としては飛車をさばかれるのは不満であるから、△8五歩はこの一手。
そこで先手も飛車を逃げずに▲7三角成りからと金を作り、飛車を取りあう展開になる。

結果図は形勢不明といっていいだろう。

しかしながら、どうしても先手良しの変化が得られなかったことは、返す返すも残念で、
先手はさらなる工夫を模索する必要に迫られることになった。


初手からの指し手はコチラ