▲1六歩型ひねり飛車


▲9六歩△6三銀~△4一玉の展開





前項では、▲9六歩に対し、後手が△9四歩と応じた場合を検討した。
本項では、▲9六歩に対し、後手が△6三銀と応じた場合を検討する。

この類型は、「羽生の頭脳8」で取り上げられているものの、類書では取り上げられておらず、
また、「羽生の頭脳8」も発行されてからずいぶん経つので、本項の類型はプロの間では、あまり研究が進んでいないのかもしれない。

したがって、「羽生の頭脳8」で取り上げられている変化を咀嚼することで、
最低限の基礎力と位置づけたい。

まずは、▲9六歩△6三銀~△4一玉とした場合である。

一般に、▲1六歩型のひねり飛車は先手から▲8五歩と打ち、持久戦模様になるのであるが、
▲9六歩△6三銀~△4一玉の場合は、例外的に▲8五歩を打たずに急戦を仕掛ける手順が
有力のようだ。

後手の角筋が通っているので、△8五歩に▲同飛とは取れない。
そこで、▲3六飛だが、△3三金ではかなりの利かされなので、後手も攻め合う。

結果図は優劣不明である。



初手からの指し手はコチラ

▲9六歩△6三銀~△4二玉の展開




前項では、▲9六歩△6三銀~△4一玉とした場合を検討した。
本項では、△4一玉のところ、△4二玉とした場合を検討する。

まず、本譜の手順中、▲7六飛とせずに、▲3六飛とすることの是非が問題になるが、
▲3六飛には、△4四角とされ、先手は▲3四飛と1歩得を果たすも、
後手から△7四歩~△7六歩と桂頭を狙われ、先手がマズい。

よって、▲7六飛なのであるが、その後は玉を固め合うという展開となる。
これはこれで悪くはないかもしれないが、先手としては不満な展開であろう。



初手からの指し手はコチラ


森流ひねり飛車の狙い




本項で、検討するのは森流ひねり飛車の指し方である。
一応、△1四歩~▲9六歩△9四歩型に分類できるが、とにかく争点を作ることを
目的とした指し方であるので、△1四歩~▲9六歩△9四歩型のなかでもかなり異質である。

森流ひねり飛車は、①とにかく戦いを起こしてしまうこと、②1筋の端攻めを狙うことが特徴として挙げられる。

もっとも乱戦を好む森先生のことであるから、それらの特徴はone of themに過ぎないことに注意を要する。

1筋を狙う指し方は、森先生の著書以外には取りあげられていないので、アマチュア同士での戦いでは、非常に決まりやすいかもしれない。

詳しくは、本項のフラッシュ盤を再現して、味わってほしい。



4筋の位を取らせない指し方




引き続き△4一玉のところ、△4二玉とした場合を検討する。

本項で取り上げるのは、後手△4四歩に対し、先手が▲4六歩とした場合である。
この手の趣旨は後手の位取りを拒否するところにある。

結果図は形勢互角だと思われるが、先手は8筋に飛車を転回するなど、手詰まりになることはなさそうだ。



初手からの指し手はコチラ