△1四歩~▲9六歩△9四歩型


▲6七銀型




本項から、▲1六歩型のひねり飛車を検討する。
▲1六歩型のひねり飛車も、
①△1四歩~▲9六歩△9四歩型、②△1四歩~▲9六歩△6三銀型に分類できる。
①と②の区別は、非常に複雑に思えるかもしれないが、要は、1筋を突き合った後、▲9六歩に対し、後手がどう出るかによって分けられていると考えればよい。
まずは、①△1四歩~▲9六歩△9四歩型を検討することとしよう。

本譜を見ていただければ分かるが、▲1六歩型のひねり飛車は、どの類型も、原則として、先手から▲8五歩と打ち、局面を落ち着かせて、じっくり指す方針をとるのが特徴である。

これに対し、後手は、△3三角型の金美濃に組み、固さ負けしないようにする。

本譜は、先手が▲6六歩~▲6七銀~▲5六銀とする指し方の一例であるが、結果図は形勢互角と言えるだろう。




初手からの指し手はコチラ


▲5七銀型【VS後手棒金】




前項では、先手が▲6六歩~▲6七銀~▲5六銀とする指し方を紹介したが、
先手が▲5六歩~▲5七銀とする指し方もある。

▲5七銀と出た後は、▲4八銀~▲3七銀左と固める方針と、▲4六銀~▲3五歩を狙う方針との2通りの選択肢が先手にはある。

いずれにせよ、気をつけたいのは、▲5六歩と突いた場合には、▲2八玉の手を入れてから、戦うようにすることである。

▲3九玉型のまま戦うのは、玉のコビンがあいているので、玉が危険すぎるからである。

本譜は後手が棒金で積極的にきた場合の指し方の一例だ。

7筋を押さえ込まれるのは仕方がないが、代わりに玉を固めることにより、バランスを取る。
形勢は互角といえるだろう。


初手からの指し手はコチラ


▲5七銀型【VS後手△4五歩型】




前項では、▲3六歩に対し、後手が、△8三金と棒金に出た場合を検討した。
本項では、▲3六歩に対し、後手が△4五歩と位を取った場合の指し方を検討する。

△4五歩は、先手の狙いの一つである、▲4六銀~▲3五歩を狙う方針を阻止する趣旨である。

先手は無理に▲4六銀を実現させる必要はなく、▲4八銀~▲3七銀左と固める方針で指せばよい。

手順中、▲7九角がぜひとも覚えておきたい手で、▲5六歩型ひねり飛車における角の使い方の特徴である。

▲6六角は角交換を狙った手であるが、当然ながら、すんなりと角交換を許しては後手がマズい。
それゆえ、角交換を避けなければならないが、△4四銀では▲8四歩△同歩▲8三歩△同飛▲4四角△同角▲7二銀で、先手のワザがかかるので、後手は5五歩と軽い手筋を放つ。これは▲同角なら△4四銀で先手を取る趣旨。

もっとも、先手もその手に乗る。1歩得が大きいと見たからだ。
その後は互いに陣形を整備し合う展開。

このとき、先手としては▲5七角が覚えておきたい角の位置。ひねり飛車は角の使い方が難しいのだが、▲5七角型は好形である。

本譜は歩得を活かし、9筋の端攻めを試みた一例で、こうなれば先手がよい。



初手からの指し手はコチラ


森流ひねり飛車の狙い




本項で、検討するのは森流ひねり飛車の指し方である。
一応、△1四歩~▲9六歩△9四歩型に分類できるが、とにかく争点を作ることを
目的とした指し方であるので、△1四歩~▲9六歩△9四歩型のなかでもかなり異質である。

森流ひねり飛車は、①とにかく戦いを起こしてしまうこと、②1筋の端攻めを狙うことが特徴として挙げられる。

もっとも乱戦を好む森先生のことであるから、それらの特徴はone of themに過ぎないことに注意を要する。

1筋を狙う指し方は、森先生の著書以外には取りあげられていないので、アマチュア同士での戦いでは、非常に決まりやすいかもしれない。

詳しくは、本項のフラッシュ盤を再現して、味わってほしい。